ASIA DAIHYO

アジア代表日本から、ASIA DAIHYOへ

日本はアジアの国々と試合を行い「アジア代表」としてワールドカップ出場を目指します。この対戦を九州・福岡から応援しようと2006年に立ち上がった「アジア代表日本」は、サッカーを文化と捉え、スポーツとアートの融合を目指したアートプロジェクトです。2006年ドイツ大会、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会と、これまでに3回にわたって実施しました。市民参加型のワークショップを基本 とし、10、12年では、マッチフラッグ制作を行い、W杯の試合会場でフラッグを通してサポーターの思いを世界に届けてきました。2015年は、アジア各国での展開を含む活動として、装いあらたに「ASIA DAIHYO」として、国際交流基金アジアセンターの支援を得て、2018年ロシア大会に向けて、アセアン地区での活動をスタートさせます。